スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ファントム』―ルシファーに例えられた男
2005-03-26 Sat 14:07
20050226221100.jpg




<エリック>

『悪徳に首までつかりながら、子供のような無垢な心を失って

いないとは!

なぜか彼を見るたび、私はルシファーを思い出す―

天国から落とされるまでは天使だったルシファーを・・・』

ペルシャ人ナーディルはエリックをこう例えた。


<ルシファー>

神の側にいたときは大天使長であり、

「明けの明星」を意味し、「光を掲げる者」、「朝の子」などの

称号を持っていた。「明けの明星」とは金星のことで、この星が

夜が明けてからも最後までその輝きを残すことから。
 
このような称号にふさわしく、ルシファーは堕天する以前は天使

たちの中でもトップの地位にいた。大天使長という最高位にい

て、かつ神からもっとも愛されていた天使であった。天使の中

でも最高の気品と美しさを備えていた。


他に追従を許さぬほどの(御子が別としても)最高の権威と力

を与えられたルシファーはそれにうぬぼれてしまい、そこに彼

の心に魔が差した。

神を超えることができる。神に取って代われると思ったのだ。

そこで、自分に追従するものを集め、反乱を起こすにいたった。


天に戦争が起こった。神の側とルシファーの側の大戦争が。

結果、神が勝ち、ルシファーたちは天より落とされ、姿は醜く

なりサタンとよばれるようになる。



【ルシファーとエリックの類似性】


『私の声は身に備わった美、唯一の力、たったひとつの望み』


クリスティーヌの音楽の天使となり、その心を奪うことになる

さまは、蛇をあやつり、イブの心を奪い堕落させたサタン(=ル

シファー)のようである。

もちろんエリックの行動は、クリスティーヌに恋焦がれるがあ

まりの行動で、ルシファーのように堕落させる目的はなかった

が。

しかし結果的に、「わたしの愛はこの子を破壊し・・・変形

させてしまった」と書いている。


『自他ともに認める、『完全性』への飽くなき欲求』


自ら生み出すものへの完全性への追求は止まるところを知らな

い。たとえどんなに小さなものであっても。

後にそれは、命がけとなるパリの『オペラ座』の工事へと繋が

っていく。


『人の作りだした差別、また無分別への怒り』


特に弱きもの、子供や女性に対しては顕著に現れる。

貧しいから、奴隷だから、弱いから差別され、虐げられ、

屈辱のうちに人生を終わることになる。

これに対する怒り(義憤といっていい)は、すさまじく例えば

唯一の友人ナーディルで出さえ、

『わたしは壁を背にすくみあがり・・・』

と書いている。

また、無抵抗な自然、例えば街などに対する無意味な破壊も

彼にとっては許さざる罪(=強姦)と同義語である。


エリックにとって、他の人間が作り出してきた権威、習慣など

は、そのほとんどが唾棄すべきものであったのだろう。

人間世界に生まれながらも、そこで生きていけなかったエリッ

クは、それが幸いしてその世界に取り込まれることがなったの

だ。

だからこそ、誰よりもある意味平等な視点で物事を見、判断する

こともできたのである。


原作者ルルーが書いた、”世界がすっぽりと入る広い心を持っ

た男”の誕生であった。


しかし、その後のなんたる悲劇!


『これが悔い改めた放蕩息子を、温かく許し迎えるやり方なので

すか?』―エリック


彼のいうところは”神”が彼を温かく許し迎えてはくれなかった

のだ。

放蕩息子は、新約聖書ルカ伝に出てくる、父(神)と放蕩息子

(罪深き人類を表す)の話。

まだ生きている父に遺産を要求し、もらうとスグに父の元から

出て行く息子。散々の放蕩のあげくに、ようやく自らの過ちに

気づき息子は父の元にもどってくる。

あなたの子と呼ばれる資格は無いから、使用人にしてほしいと

訴える息子に対して、父は、

『急いで一番良い着物を持って来て、この子に着せなさい。それ

から、手に指輪をはめさせ、足にくつをはかせなさい。

そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうでは

ないか。』

子牛は最上級のものの例えともいえるから、父の寛大さと愛を

うかがい知ることができる。


エリックは、魂込めて祈りを捧げようとしていた。

放蕩息子のように敬虔に。

他の何もいらない。ただ・・・。

それに対する答えが、


彼にとって絶対的な裏切りの声だったのだ。


ルシファーが二度と天に帰ることは許されず、

神から下された滅びの後は永遠に続く無であるように、

エリックもまた神から見捨てられた存在になってしまった。

少なくとも、エリックはそう信じてしまったのだ。


ここに、この時代最大の悲劇的なオペラの幕があがった。

<勝ち誇ったドン・ジョバンニ>の最終場面の完成

大勢の人が死神に連れ去られ、

想像を絶する大いなる苦しみが生まれた。

クリスティーヌも、ラウルも

そして、生み出した本人エリックさえも

誰もこのオペラの後「正常」ではいられなかった。


カッコーっていうのはね・・・

カッコーは美しい鳥なんだ!


たった一度の交わり。

たったひとつの愛。



ルシファーに例えられたエリックの遺児シャルルの未来が、

せめて幸せでありますように・・・。

















スポンサーサイト
別窓 | 「オペラ座の怪人」関連 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<「ファントム」純粋で、不器用で。 | 十六夜の月 | ミュージカル『レ・ミゼラブル』舞台の請求力>>
この記事のコメント
ものすごい難しいですね。
何とコメントしていいか分からないのに
何か、コメントしたい、と思って書いてみた次第です。

道を踏み外すのはよくあるコトですよね。
ただ、誰も戻り方が分からないし
周りも認めづらい。
そうゆうのがあり、戻ってきても
戻りきれないってのがあるのでしょうか。
まして、自分はもう許されない、と思っていたら、余計に。
心が受けつけない感じなのでしょうね。
今までがずっと一生懸命だと、
たった一回の過ちが
何とも言えないほど、目には見えない形で残るんでしょうか。
それとも、自分で自分を責め続けるんでしょうか。
ホント難しいです。
何か、よく分かんないコメントですいません(焦)
2005-03-27 Sun 03:46 | URL | みさ #-[ 編集] | top↑
自分で読み返しても、難しすぎたなーと反省il||li_| ̄|○il||li
物語の中で、「ルシファー」に例えられていた
のが気になっていたので、書いてみたんだけ
ど、無駄だったかも(≡д≡)

海外の作品を読んだり、観たりするときには、
「聖書」の存在って意外と欠かせないと思って
ます(キリスト教圏内はね)。
今回の「ファントム」も、それがあったので自分
なりに書いたのだけど、書ききれなかったなー。
(>ω<。人)ゴメンチャィ

2005-03-27 Sun 21:49 | URL | yuri# #NqgXfLUo[ 編集] | top↑
yuriさんが時々、聖書を読んでいると
おっしゃっていのたは、こういうところで
活きてたんですね。高校のとき聖書の
授業がありましたが、ルシファーという存在には
気づきませんでした。
今こうやってyuriさんの日記を見ていると、
少し読み返してみたくなってきました。
卒業してからほとんど開くことのなかった
聖書、少し開いてみようかな。
2005-03-27 Sun 22:56 | URL | marichi #-[ 編集] | top↑
「聖書」って、物語の原作と考えると、すごく一杯
あるんですよ。映画でいうと、「天地創造」、「十戒」、「ベン・ハー」、あと、ダビデ王やソロモン王
の話、キリストの話に至っては数多く作られてま
す。題材豊富なんですよね。
わたしは昔「ソロモンの詩」という旧約聖書の中
の話を題材に脚本書いたことあります。
聖書でこんな恋話っていいの?!って感じで
好きだったので、メロメロの話にしましたw

「ルシファー」や大天使長って言葉は、聖書には
出てきませんが、蛇や竜に例えられたかつての
美しい天使が、地に落とされたサタンと呼ばれる
存在になったのはわかりますよ。
「ルシファー」とかは、教会が加えたものかな。

まあ、難しい話になっちゃったけど、映画観て
その原作として読んでみても良いかなーと思
います。堅苦しい文章で書かれてないから読み
やすいしね。
2005-03-27 Sun 23:13 | URL | yuri# #-[ 編集] | top↑
yuriさんの所為じゃないです!
あたしの理解力のなさなんです;;
ごめんなさい(焦)

もっと勉強しますっ!
無駄じゃないですからね!!
2005-03-28 Mon 01:26 | URL | みさ #-[ 編集] | top↑
もっとわたしに、表現力というものがあったらと、痛感してますよ(^-^;)

これからも、こんなんですがよろしくね!^^
2005-04-02 Sat 17:33 | URL | yuri# #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。