スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ラッキーマン
2005-03-09 Wed 20:56
20050309203356.jpg



どういったらいいのだろう?

この率直さを


まったくやっかいな本に出逢ってしまった。


ノンフィクションは読まないのに。

闘病記なんて特に・・・。


読めば読むほど

自分自身と向かい合わなくては

いけなくなる。

そうしなければ先に進めないのだ。


人と人ではなくても

すべては何か意味のある

『出逢い』だと

わたしは信じている。

本、映画、舞台すべて。


そういう意味では

『ラッキーマン』も

わたしにとって意味のある

『出逢い』のはずである。


一体何をもたらしてくれるのか?!

楽しみ半分

とても恐ろしいのだけれど・・・。

スポンサーサイト
別窓 | トップページ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ミュージカル『レ・ミゼラブル』の前置き | 十六夜の月 | 『ファントム』狂>>
この記事のコメント
yuriさんになら
受けとめられる事だと思います。
自分と向き合わなければいけない時って
誰にでも、そして多くあります。
ラッキーマンを通して
自分と向き合う事が出来るのならば
むしろ、一石二鳥!と考えてみたらどうでしょうか?
yuriさんが言うように
ラッキーマンとの出逢いは
【意味のある出逢い】ですよ!
多くの人達は自分と向き合わなければいけないのに
全く向き合おうとしません。
だから、yuriさん、いいチャンスだと思いますよ★
向き合うのが怖い…と思う今だから
向き合ってくださいね。
向き合うのがイヤだって思ってるときこそ
そうすべきなのだと思いますから。
少しずつラッキーマンを読みながら
ゆっくり向き合ってくださいね。

目は気をつけてくださいね!
心配です。
2005-03-14 Mon 01:10 | URL | みさ #-[ 編集] | top↑
>向き合うのがイヤだって思ってるときこそ
そうすべきなのだと思いますから。
少しずつラッキーマンを読みながら
ゆっくり向き合ってくださいね。

そのとおりかもです。読み進めていくうちに
マイケルと自分のことが重なっていきます。
もちろん、わたしなんてマイケルの足元にも
及ばない経験しか無いけど。
自分としっかり向き合えればまた別の可能性が・・・。

目は気をつけますね。
いつもありがとう(*^^)v
2005-03-16 Wed 23:10 | URL | yuri# #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。