スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2005-01-21 Fri 23:33
どんな人に惹かれる?

そう聞かれたら

わたしは心の中でこう答える。

「一見セックスに結びつかない男性」



こちらを女として意識することもなく

つねに淡々としている。

それでいてどこかその存在の中心に

強力な毒を隠し持っているような人。


わたしはそういう男性に強烈に

惹かれてしまう。

ただ

幸か不幸か

そういう人は滅多にいないが。


それとは逆にわかりやすいタイプには

全く惹かれたことがない。


わたしにとって

きっとわかりやすいタイプは

性的に感じられないからだろう。

可愛く思えるにせよ

性的には見れない。

お互いに肩を組んで豪傑笑いでも

してしまいそうになる。


そういえば

長い付き合いになっている

男の知り合いは

わかりやすいタイプばっかかも。



最近

恋愛ってしていない。

心残りがあるせいか。


あの興奮した会場での

出逢いのときでさせ

あの人の周りだけは

しんとした雰囲気が

漂っていた。

あれにやられた。


つき合ってからも

この人とは一生セックスすること

ないかもって思ったこともあった。

どこか突き放したような感じ。

それでいて

いつも気をつけていてくれて。


あの瞳はどこを見ていたんだろう・・・。



今度わたしが

恋愛をするとしても

きっとまた

同じような相手に溺れるだろう。

心を

身を焦がし

そして狂う。



「女」という生き物の不思議。

その不安

その烈しさ

その自意識

その純粋さ

その愚かさ

その矛盾

その悲しさ

その孤独

その性的欲望の強さ・・・。



狂気ような

恋愛を

またいつか・・・。




スポンサーサイト
別窓 | ヒトリゴト | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<存在 | 十六夜の月 | 映画「ローレライ」によせて>>
この記事のコメント
yuriさん、とてもとても
激しい恋愛をされたんですね、
その方に会ったこともないのに、
読んでいて、私までドキドキしてしまうくらい、
とても神秘的な空気の漂う男性だったん
ですね、
狂う、焦がれる、溺れる・・どれも、
まだ、私は一度も味わったことのない感覚
なのかもしれません。
もしかしたら、一生味わえないのかも・・
一生に一度くらい、女として、
全身全霊、彼一色、そんな恋愛を
してみたいのですが。

私のカレシはyuriさんでいう「わかりやすい
タイプ」なんで(笑)
そんなカレに”溺れる” ってことは
ほとんどありえないかも。大好きでは
あるんですけどね、まだまだ未熟な
恋愛ですね。

yuriさんのお話、
少しずつでもいいので、
また聞かせてください。
2005-01-22 Sat 00:50 | URL | maricchi #-[ 編集] | top↑
狂うような恋愛が好き。
叫び狂ったり
泣き狂ったり
笑い狂ったり
それは全て好きな人のため
好きな人といるから…
変かもしれないけど…w
冷静でいられる方がいいなんて、最初は思ってたんですが
アタシは自分を見失って
周りも見えなくて…
そんな恋をずっとしていたいです。
周りの迷惑を考えないのはちょっとNGだけどw
でも、自分らしく恋をしたいから
深く深く…だけど
時には浅く広く周りを見る。
何て言っていいのか分かんないケド
身体全体で恋してるってゆう感覚が
ほしいですね。
恋をするのなら★
あー、何言いたいのかホントわかんなくなっちゃったwwwごめんなさいw
2005-01-22 Sat 01:38 | URL | みさ #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。