スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
まやかし
2004-12-18 Sat 12:37
フェイク【fake】

にせもの。まやかし。模造品。

ジャズの即興演奏・・・。



『ともだち』という言葉。

わたしには使えない。

『親友』という言葉は

使ったことが無い。


『ともだち』も『親友』も

わたしには遠い言葉。


子供の頃は、

意識していなかった。

でも、『ともだち』が

できにくいのは

なんとなくわかってた。


高校の頃、本格的に悩んだ。

人に相談できないから

本に頼った。

ある本にこう書いてあった。


「あなたが友人を欲しいとおもったとき

暗い人と友達になりたいですか?

明るい人と友達になりたいですか?」

「だれも暗い人とは友達になりたいとは

思いません。」



ショックだった・・・。

暗いことは悪だと思っていたわけじゃない。

でも、それが原因だとそのときは思った。

わたしは、明るくなろうと思った。

そして、『ともだち』はできた。


わたしは変れたと思ってた。


でも・・・。


できたはずの『ともだち』は消え、

わたしだけが残った。



わたしは気づいた。

わたしは明るく変ったのではなく

演じていたのだ・・・と。


【剥がれたメッキ】


わたしは変れなかった・・・。


「明るさと暗さはコインの裏と表みたいなもの」


読み返したその本には

そうも書いてあった・・・。


やっと気づいた真実・・・。


裏と表。

光と闇。

互いが無ければ成立しないもの。

だけど、

一緒になることは

永遠にないものだったのだのに・・・。



惑わされた

わたしはバカだった・・・。


それでも、

それからも、

わたしは演じ続けている。

世の中でひとり生きていくには

それしかもうないことも

わかったから・・・。

それしかわたしには

できないことが・・・。


わたしの周りには

たくさんの人たちがいる。

毎日のように

顔を合わせる人たちを

わたしはこう呼ぶ。


『同僚』『上司』『先輩・後輩』『知り合い』・・・。


仲の良い人もいる。

親切な人も・・・。

それでも、

もう誰も『ともだち』とは呼ばない。


遠い昔にわたしは

わたしを否定しちゃったから。

ウソの自分を演じ、また続けているから。




自分を愛せないわたしに

本当に人は愛せないから。





生きることはフェイク?!・・・。



===========================



こんな性格だから

恋愛も長続きしません。

相手が疲れちゃうんだよねー。

めんどくさい女だって・・・。


わたしが逆ならそう思うかもって

自覚ありなのが最悪(/ω<。)



























スポンサーサイト
別窓 | ヒトリゴト | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<なみだ | 十六夜の月 | ひとりの夜に想うこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。