スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
笑い話
2004-12-11 Sat 12:32
うちの会社では“年俸制”が採用されています。

この時期になると

人事考課という

作業が始まります。


公平にするために

まず、自己申告からはじまり、

直属の上司と面談後、

その上司の評価を加える。

それを集めた部長たちが

人事会議を経て

各個人の来期の年俸が決まる。



とまあ、一応それらしいカタチは

あったりするのんですが、

わたしたち(間接部門)は

実際はどう書こうが、

どう訴えようが、


結果は最初から決まってたりするんです。

営業と違い明確な数字が出ない分、

評価が低いから。

わたし、上がらないだろうな(´;ω;`)


でも、そうはいっても


営業見てると本当にたいへんだなーと

おもったり。


だってさー、

本人たちの人柄や、考え方や、

主義、主張・・・

すべて無視。

求められるのは能力、結果のみ・・・。



そりゃあ、いかに不景気でも人辞めるよ。

残んないよねー(/ω<。)



いつか、科学が発達して

人間と全く同じ能力を持つ

ロボット
が生まれたら

人間であるということで

破棄されちゃうんだろうなー。

だって、

全く同じ能力のロボットなら

人間よりロボットのほうが

優秀になっちゃうでしょ?


てことは、


能力至上主義社会なんだから


より優秀なものに

とって代わられても


文句言えないってことだもんね・・・。


優秀な人たちにとっては

それが一番幸せかも。


上司がロボットなら

あなたがたの能力を

シビアなほど

正確な数字にして

評価
してくださるでしょうから・・・。




==========================



つたない日記みてくださってる奇特なみなさまへ。

少しづつHPを改装しています。

以前みたところも

たまにはみてみよう!

すごくは変ってないけど

ちょっとだけなら

変ってるかもしれないゾ!(`・ω・´)



見てくださってる方、本当に感謝してます<(_ _)>














スポンサーサイト
別窓 | ヒトリゴト | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<世界にひとつだけの花 | 十六夜の月 | バカになる時間>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。