スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今そこにある危機
2004-12-09 Thu 12:30
「きのう、

引ったくりにあっちゃってさー(/ω<。)」

「えーーー!!(><)」

「大丈夫だったの?!@@」

「わたしは無事だったけど、

その日、近所だけで数件あったらしいよ(^-^;)」

「!!(;;;゜∀ ゜;;;)」


今朝、仕事場での会話です。

昨夜、彼女が

CD聴きながら

自転車で帰る道での

出来事だったらしいです。


『危機管理』


という言葉を聞いたことあると思います。

でも、『危機管理』って

具体的に何をすればいいのか

わかりますか?

難しい言葉でいうと、『有事に備えること』

それに対して対策をたてること。

でも、『有事』って??

最近では新潟の地震、そのあとに北海道の地震、


身近ではやはり防犯対策でしょうか。

でも、わたし自身をふりかえったとき、

どこまで本気で考えてるの?

と自身に問いかけたとき、

正直、


かなり他人事

と感じていることは否定できません。


おそらく、

自分もしくは自分の大切な人に

とりかえしのつかない

『有事』

が起こらない限りは・・・。


以前と比べても年々悪くなっている治安、

それに比べて落ち続ける検挙率。

また、立て続けに起こる天災・・・。


もっと、真剣に考えなくちゃいけない

はずなのに・・・。


自分だけは、

自分の大切な人たちだけは


『安全』



どこかで

きっと考えているからでしょうね。


本当に、難しい問題・・・。


でも、

引ったくり遭いそうになった話を

彼女がカレにその夜したら

あわてて飛んできたそうです。

本当に心配そうな顔して・・・。


そんな話を聞いて

わたしは、

帰り道、

ひとりでMDを聴きながら歩く。

考えてみれば、

後ろから誰かに近づかれても

きっとわからない状態・・・。



さしせまった

『有事』は

うまく想定できなけれど、

これだけでも止めようと

思ったのでした。


飛んできてくれる

『カレ』

は今いないけど

いつか出逢うその人に

心配かけないように ・・・。


==========================


あと、離れて暮らす親にも心配かけないように

かなー(^-^;)

守れる範囲は自分で守らないとね。。








スポンサーサイト
別窓 | ヒトリゴト | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<バカになる時間 | 十六夜の月 | 日記の呪い(;;;゜∀ ゜;;;)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。