スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
瞳をとじて
2001-01-02 Tue 21:13
朝目覚める度に 君の抜け殻が横にいる

ぬくもりを感じた いつもの背中が冷たい


苦笑いをやめて 重いカーテンを開けよう

眩しすぎる朝日 僕と毎日の追いかけっこだ


あの日 見せた泣き顔 涙照らす夕陽 肩のぬくもり

消し去ろうと願う度に 心が 体が 君を覚えている


Your love forever

瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい

たとえ季節が 僕の心を 置き去りにしても


いつかは君のこと なにも感じなくなるのかな

今の痛み抱いて 眠る方がまだ いいかな


あの日 見てた星空 願いかけて 二人探した光は

瞬く間に消えてくのに 心は 体は 君で輝いてる


I wish forever

瞳をとじて 君を描くよ それしかできない

たとえ世界が 僕を残して 過ぎ去ろうとしても


Your love forever

瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい

たとえ季節が 僕を残して 色を変えようとも

記憶の中に君を探すよ それだけでいい

なくしたものを 越える強さを 君がくれたから

君がくれたから



【ken hirai】『世界の中心で、愛をさけぶ』より


今は何も言えません。

いつかは・・・
スポンサーサイト
別窓 | わたしの好きな音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<白い恋人たち | 十六夜の月 | 目を閉じて>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。