スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
とってもゴースト<もうひとつの奇跡>
2006-05-03 Wed 23:51
とってもゴースト1


5/2(火)
会場:グリーンホール相模大野
開演:19:00

・・・

昨日の公演は、わたしの中でも1、2を争う奇跡的な公演でした。
満員じゃなかったことを残念におもってたんですけどね。
でも、そんなことを吹き飛ばすくらい、
会場の雰囲気がとてつもなく温かかったの!
人口割りをいえば、大部分が女性、平均年齢は・・40代くらい。
舞台に、というかライブすべてにおいて重要な要素は、
キャストと客がいかに一体となれるかでしょう。
今回の公演は、自然に一体でした。空気がね、
そういう空気してるんですよね、そういうときって。

そして、カーテンコールへ・・・。

大熱狂でした。後ろは見ませんでしたけど、
わたしの周りと前はステンディングオベーション。
それどころか舞台近くまで出て行って拍手してました。
緞帳が完全に下りきっちゃうと、オケの人たちへの拍手。
あんなに幸せな時間はなかったなー。
感謝を、心からの感謝をみんなが込めてた・・・。

でもね、奇跡はそれだけじゃなかったんです。
幸せすぎて、わたししばらく席に座ってました。
ようやく立ち上がってロビーに向かうとそこは、
人、人、人。
なんで?!どうして?!って思いながらもロビー出ると、
鮮やかな衣装の方たちが・・・。
え?!まさか・・・。
そうです。キャストのみなさんが、お客様のお見送りに
出てきていらっしゃったのです!!
いろいろや役の方がお客とお話したり、握手したりしてました。
もちろん、主役の入江ユキ役の鈴木ほのかさん、服部浩司役の
安中淳也さんも・・・。

2時間超える舞台をやり終えて、
絶対に疲れてるはずなのに、
仲間とお疲れさまってしたいはずなのに、
それでも、こうやって出てきてくれたんだ・・・。
そう思ったら、そこで涙が止まらなくなっちゃいました。
わけがわからず泣いてました。
もう何て表現して良いのかわからないです。
ただ、とってもゴーストの核心が強烈に心に
打ち込まれた感じがしました。

キャストの人にせめて、
「ありがとうございました」と
「おつかれさまでした」って言いたかったんですけど、
そういう状態だったので無理でした。
それが心残りかなー。

ただ、わたしにとって、
この「とってもゴースト」って作品が、
またさらに特別な存在になったことだけは確かです・・・。








スポンサーサイト
別窓 | わたしの好きな映画、演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ありがとうございました! | 十六夜の月 | とってもゴースト<音楽座ミュージカル>>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。