スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
とってもゴースト<音楽座ミュージカル>
2006-05-03 Wed 01:37
今まで、放心状態でした・・・。
大好きな音楽座の舞台、
『とってもゴースト』
を観てきたから。

一度ここでも記事しました。
でも、やはりもう一度書きたくて。
公演はもうすぐ終わりになります。
だから、思いっきり内容書けるって
おもったのもあります。

わたしの心を生き返らせてくれたのは、
主人公入江ユキの言葉、

「・・・生きてるって、すごいことなのよ!」

でした。

それまでの出来事、そしてこの舞台のエネルギーが
わたしの心の中で化学反応を起こした瞬間でもありました。
一瞬で舞台が見えなくなるくらい涙がでました。
どこにこれだけの涙がって思うくらい。
舞台が終わって明るくなっても、
わたしの涙は止まりませんでした。
そのときまで、涙なんて枯れたと思ってたのにです。

きっと今振り返ると、わたしは生きたかったんだと思います。
いろいろあっても、それでも生きたかったんだと。
一方で別のわたしは、わたし自身を消そうとしてたのです。
それをこの舞台は、強く肯定してくれたのでした。

「生きていいんだよ」って・・・。
「幸せになっていいんだよ」って・・・。


だから、前にも書きましたが、
この舞台は、わたしの命の救い主なんです。

それから何度見たのかなーって感じです^^;
そして、今日・・・。
初回と二回目以降の観るときの違いは、
わたしの涙する場面の早さでしょうか。
二回目以降は、正直号泣しないように堪えるのが大変><
かなり早い場面から、「ぐっ」ときているんですよねー。
本当は、「うわ~ん!!」って声出して泣きそうなんです。
それを我慢してるから、終わると首の筋肉痛・・・。
まあ、しっかり観られるようになってみると、
それくらい見所の多い舞台なんだってことでもあるんですけどね。

名台詞も多いのでそれはまた改めて書きますね!^^

人は自分たちが信じているほど万能ではない。
でも、だからこそもっと自然を、
宇宙を感じて生きていかなければ、
愛の、ましてや心の深さは永遠にわかるまい・・・。

わたしは、自分の命が終わるとき、
愛を知った人として終わりたいです。












スポンサーサイト
別窓 | わたしの好きな映画、演劇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<とってもゴースト<もうひとつの奇跡> | 十六夜の月 | お仕事・お仕事・・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。