スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
小さなわたしの小さな夢
2006-02-28 Tue 00:30
忙しい・・・。
ともかく忙しい・・・。

今うちの会社は繁忙期。
まーいにち、まーいにち残業、残業でつ(/ω<。)
おまけに家から会社まで
ドアtoドアで約2時間・・・。
朝6時頃に家を出て
ずーと、ずーーっと電話、パソコン、電話で
お仕事が続いてきます。
20時過ぎに会社出て
家に帰るのが22時過ぎ・・・。
何やかやあって寝るのは
1時過ぎ・・・。

まーいにち、まーいにち
「う~眠みぃ・・・」
「う~キツィ・・・」
ってな感じであります。

そんな余暇が無いわたしのストレス解消法といえば

読書!

人に言うと
「目をあれだけ酷使しててよく読む気になるね!?」
と言われます。
まあ、確かにそうなんですが。

でも、わたしは本が無いとダメなんです。
好きな音楽をBGMに
好きな作家の本の世界と戯れる
これこそストレス解消法!!
これを取り上げられたら
たぶん気が狂うでしょう(大げさかな)

もうね、時間を忘れるんですよー。
本読んでるとね
あっという間に時間が過ぎるの。
どっぷり世界に嵌ってるとね
すべてを忘れられるのさ。
そして終着駅につく頃には
少しだけストレスが解消されてる感じになるの。
心がカラダから抜けて自由になる感じ。
だからね、読書はやめられない。

今も好きな作家の本を大量に買い込んで
毎日が楽しいです(それしか楽しみが無いともいう)

ただ問題が一つ。
わたしすごーーーく読むのが早いんだ。
だからすごく好きな世界なのにすぐ
終っちゃうんだ(300ページくらいのものなら
一日です^^;)。
それだけが少し悲しいです。
ああ、永遠に続くの?って思えるような
長くて、面白い作品に逢いたい!!
今のわたしの一番の夢です(小さいと言わないで><)











スポンサーサイト
別窓 | ヒトリゴト | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<雨の日ひとり家の中 | 十六夜の月 | 待望!熱望!!福井晴敏新刊いよいよ発売!>>
この記事のコメント
私もそうです~。 でも読むのはめちゃ遅いです。
遅いから内容を把握しているかと思いきやそうでもない。娘などハリポタの上下巻を一日あれば読み終えちゃうほど早いのに、私より登場人物の名前とかきちんと覚えてたりするんですね~。
今娘と一緒にはまっているのは「恩田陸」さん。
伊坂幸太郎さんの「死神の精度」という本も良くてこの人の本も追っかけることになりそう…
北村薫さんや加納朋子さんも好きだけど、みんな読んでしまっているので早く新刊出してよって願ってます。 我が家は本は買っていたら家計が持たないのでもっぱら図書館通いです。
2006-03-01 Wed 00:27 | URL | ふっくらしこ #kYWy6.4o[ 編集] | top↑
わたしは電車の中で大半の読書をしてます。
往復4時間ですから本が友達です^^
今わたしがメインに読んでいるのが「白夜行」の東野圭吾さん。直木賞を受賞されましたね。この人の「眠りの森」を何気に読んでラストで切なくて泣いてハマりました。全作品読破中です。あとは、小池真理子さん。何といっても「恋」「欲望」。前日に書いた福井晴敏さん。今気づいてたんですがみんな映像化されてますね^^;;

ふっくらしこさん好きな作家さんの情報もありがとうです!絶えず新しい作家探しをしているわたしとしてはありがたい情報でした^^
恩田陸さんはたぶんわたし好きそうなので読もうと思ってます。伊坂幸太郎さんは1、2作目を読破しました。どこに着地するかわからない不思議な世界観と洒落ていて心に残るセリフが素敵ですね。
北村薫さんと加納朋子さんは今度チェックしてみます。
本当にコメントありがとうでした^^
2006-03-01 Wed 01:45 | URL | yuri# #NqgXfLUo[ 編集] | top↑
「白夜行」ドラマ化されてますね。 私はその前に読んでしまい衝撃を受けてすでに頭の中で完成されてしまったせいかテレビでのキャスティングがいまいち自分のイメージと違っていたのでテレビでは観ていませんけど…
直木賞を取られた「容疑者Xの献身」ものすごくいい作品ですよね。 ここに出てくるガリレオ先生はシリーズものでこちらも面白いですよ。
東野さんはいろんなジャンルで書かれるので読んでいて飽きさせませんが、まれにアクが強い作品もあって読めなかったりします。 お奨めは「トキオ」
あとエッセイも面白いし、変わったところでは「サンタのおばさん」という童話も書いています。

yuri#さんの紹介下さった作家さん、まだ未読の方達でした、今度探してみます。 ありがとうございました。

2006-03-01 Wed 09:27 | URL | ふっくらしこ #-[ 編集] | top↑
「白夜行」はわたしも見てません。というか、原作先に読むと見れませんね。主役の2人を演じられる俳優さんはいませんもん。東野さんはタイプの違う作品が多いのは聞いてはいましたがそうですか。これから楽しみです^^わたしは加賀刑事ファンでもあります。

小池真理子さんのオススメの2作品は、定番の小池ミステリーとは別枠の作品です。でも、すごく惹かれます。「欲望」はこの間まで小さくですが映画上映されていました。
福井晴敏さんはあるこだわりが作品に渦巻いてます。オススメの読み方は「川の深さは」「Twelve Y.O」「亡国のイージス」。作者が最初から意図したわけではいないですが結果3部作になってます。
この順番で読むとよりわかります。「終戦のローレライ」「戦国自衛隊1549」はどれから読んでもよいとおもいます。「6ステイン」という直木賞候補作は短編ですができれば3部作後に読んだほうが一人で思わずニンマリできます(笑)
2006-03-01 Wed 10:32 | URL | yuri# #NqgXfLUo[ 編集] | top↑
お正月に「亡国のイージス」「ローレライ」「戦国自衛隊」をレンタルDVDで観ました。 これらは主人が観たかったものなんですけどね。 福井さんはこれらの原作者ということかな?
「亡国のイージス」は3部作ですか。 面白そうですね。 「戦国自衛隊」も以前の映画とは内容が違っていて面白いと主人は言ってましたが(私は今回のしか知らないの)原作はどうなっているんだろう? 楽しみ~
ありがとうございました。
2006-03-02 Thu 20:43 | URL | ふっくらしこ #kYWy6.4o[ 編集] | top↑
「ローレライ」「亡国のイージズ」は原作がすごく長いので映画ではどうしてもダイジェスト版的なところがありますね。でもよくここまで作ったなーと観てましたけどね。
「戦国自衛隊」の原作は絵巻物みたいになってます。電車では読みづらいです^^;
昔のとは原作者が違いますのでまったくの別物ですね。昔のもかなりの豪華キャストでしたよー^^
2006-03-02 Thu 23:29 | URL | yuri# #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。