スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
THE有頂天ホテル
2006-02-01 Wed 19:47
観て来ました。
素直な感想をいうと、
「う~ん・・・」って
感じですかねー。
三谷作品は舞台から映画までけっこう
観てます。
好きなんですけどね・・・。

悪くはない。
でも・・・。
期待が大きかった分少し裏切られたような
気持ちもぬぐえませんでした。

個々の役者さんは素晴らしかったし
よく言われる
『豪華キャストの顔見せ興行』的つくりではない。
個別に見えるそれぞれワケアリの登場人物がどこかで
つながっていって大きな物語のアンサンブルになっていく。
舞台は大晦日でもうすぐ新年来ちゃう豪華ホテル。
三谷群集劇の一つの集大成的作品。
それはわかる、わかるんですけどね・・・。
けっこう笑えるし、良いといえば良いんでしょうけど・・・。
でも、全体がボケてしまっている。
いろいろな伏線を引きすぎているのと
やはり登場人物とその物語を織り込みすぎですね。
「群集劇」の最大の課題というか、難しさというか・・・。
それこそ連続ドラマで作ったほうが良かったと思います。
映画である以上どういう形であれ
観終わった後に何らかのカタルシスが無いのは辛いなー。
おそらく最後の華やかな場面で大盛り上がりするはずが
画面と違って客席は今ひとつ乗り切れない。
主題も今ひとつ伝わってこない。
終った後、何となく客席のみんなの腰が重かったのも
その辺りが原因ではないでしょうか。

ちょっと酷評になってしまいましたが
けっして悪い作品ではありません。
100点か悪くても95点くらいを期待していったら
80点だったって感じです。
十分作品としては及第点だと思います。

ただ、わたしにとってはね・・・。
まあ、あれだけの内容とキャストだから一回ではわからないかも。
本当のおもしろさがわかるのはきっとDVDで何回か観た跡かも
しれません。
ということでまたこの作品はDVDで観たときにでもレヴューを
書きたいと思います。



スポンサーサイト
別窓 | わたしの好きな映画、演劇 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
<<汝の名・・・それは・・・ | 十六夜の月 | 欲しいものバトン・・・その後>>
この記事のコメント
コブタです 初めまして!
私もこの作品 爆笑を期待していったので ややそこは残念でした。
良くできているんですが、 私が三谷サンファンで、三谷さんの作品ということで ついついもっともっとと欲をもって観てしまったのがいけなかったのかな?
2006-02-03 Fri 21:09 | URL | コブタです #-[ 編集] | top↑
お初です(。・_・。)ノ

思うんですが欲張りすぎましたかねー。
もっとシンプルでも良かったよーな・・。
最後が盛り上がらないから乗り切れませんでした。
わたしも三谷作品だから期待しすぎたのかもしれません。
2006-02-04 Sat 01:14 | URL | yuri# #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

三谷幸喜脚本監督の新作「THE有頂天ホテル」をTOHOのカードのポイントで頂いた招待券で鑑賞してきました。三谷監督の映画だけありまして 様々な人物が 同じ場所で絶妙に絡みながら  …
2006-02-03 Fri 21:06 コブタの視線
| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。