スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
オーデュボンの祈り
2006-01-03 Tue 12:22
作者:伊坂幸太郎
発行所:新潮文庫

久々にハマれる作者発見!!
こういうときってホントうれしい。
「オーデュボンの祈り」
は彼のデビュー作である。
こんな作品には出遭ったことはなかった。
他の作品を読むのが楽しみな作家である。


一言でいうと
とっても不思議な作品。
生まれて初めて食べた食べ物のよう。
生まれて初めて聴いた音楽のよう。
生まれて初めて観た絵画のよう。

今まで経験していなかったから
どう表現するのが良いのか
今のわたしにはよくわからない。
でもとっても気持ちが良い作品。
うれしいような。
懐かしいような。

手に汗握るというような
山場があるわけでは無いのに
気がつくとどっぷりと世界にハマっている。
どこに着地するのかわからない不安感。
意味があるのかないのかわからなくなる会話。

荻島というナゾの孤島。
島に住むどこかヘンで不思議な人(?)たち。
主人公”伊藤”の出遭う不思議な出来事。

その旅の果てにあなたは何を見つけるだろうか?










スポンサーサイト
別窓 | わたしの好きな本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<いきなり! | 十六夜の月 | あけましておめでとうございます!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。