スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
小さなわたしの小さな夢
2006-02-28 Tue 00:30
忙しい・・・。
ともかく忙しい・・・。

今うちの会社は繁忙期。
まーいにち、まーいにち残業、残業でつ(/ω<。)
おまけに家から会社まで
ドアtoドアで約2時間・・・。
朝6時頃に家を出て
ずーと、ずーーっと電話、パソコン、電話で
お仕事が続いてきます。
20時過ぎに会社出て
家に帰るのが22時過ぎ・・・。
何やかやあって寝るのは
1時過ぎ・・・。

まーいにち、まーいにち
「う~眠みぃ・・・」
「う~キツィ・・・」
ってな感じであります。

そんな余暇が無いわたしのストレス解消法といえば

読書!

人に言うと
「目をあれだけ酷使しててよく読む気になるね!?」
と言われます。
まあ、確かにそうなんですが。

でも、わたしは本が無いとダメなんです。
好きな音楽をBGMに
好きな作家の本の世界と戯れる
これこそストレス解消法!!
これを取り上げられたら
たぶん気が狂うでしょう(大げさかな)

もうね、時間を忘れるんですよー。
本読んでるとね
あっという間に時間が過ぎるの。
どっぷり世界に嵌ってるとね
すべてを忘れられるのさ。
そして終着駅につく頃には
少しだけストレスが解消されてる感じになるの。
心がカラダから抜けて自由になる感じ。
だからね、読書はやめられない。

今も好きな作家の本を大量に買い込んで
毎日が楽しいです(それしか楽しみが無いともいう)

ただ問題が一つ。
わたしすごーーーく読むのが早いんだ。
だからすごく好きな世界なのにすぐ
終っちゃうんだ(300ページくらいのものなら
一日です^^;)。
それだけが少し悲しいです。
ああ、永遠に続くの?って思えるような
長くて、面白い作品に逢いたい!!
今のわたしの一番の夢です(小さいと言わないで><)











スポンサーサイト
別窓 | ヒトリゴト | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
待望!熱望!!福井晴敏新刊いよいよ発売!
2006-02-25 Sat 22:57
opローズダスト


きゃ~!!
待ってましたよ、待ってましたとも!
ついに、ああ、ついに

『OP.ローズダスト』

いよいよ発売です(/ω<。)
といっても3月15日ですけど。
でも、東京だともう少し早く出たりするので
今から楽しみ、楽しみ(*´○`*)

週刊文春で連載されていた「OP.ローズダスト」
がついに単行本化!
連載分に原稿用紙800枚の書き下ろしを追加し
満を持しての刊行です!!(`・д・ノ)ノ スゲェェェエエ

どういうストーリーなのかは当然知りません。
確かお台場がすごいことになっちゃうらしい。
著者の言葉によれば、
「今までで最高の・・・」
らしい。
想像するだけで心臓バクバクです(もう病気でつ)
きっとまた『福井ワールド』爆発だろうなー。
ああ、早く読みたい!!

大好きな作家様で作品は全部読んじゃったし
おまけに福井さんの関連本まで全部読んじゃったので
本当に待ってました。

ああ、早く来て3月!!
別窓 | わたしの好きな本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
恋するハニカミ
2006-02-25 Sat 02:23
田中圭君と大塚ちひろちゃんのデートは、
北海道でそれもトマムでした。
すっごくカワイイ二人のデート姿に
観ていたわたし顔緩みっぱなしでした(ヤバ)。
雪で遊んだり、氷のホテルとかはすごい感動的でした。
そして、氷の教会でのプロポーズ・・・。
ああ~!!されてみたいでつ(つ-`)
すごく素直で真っ直ぐなプロポーズ。
いや~本当いいな~^-^
ラブラブな2人。
こっちまで幸せな気分にさせてくれました。
ちひろちゃんの圭くんを見つめる大きな目が
本当に愛くるしかったな。
そんなちひろちゃんを包んでいた圭くんも
とっても素敵でした。
本当最高のデートでした。
別れるシーンでは二人が泣かない分わたしが泣いておきましたとさ・・・(笑)

それにしても、ホント二人ずっと笑ってたな~。
何か忘れかけてた恋愛の楽しさを思い出せてくれました。
ただ、二人でいることがうれしく楽しくて幸せで
それだけでもうもう最高って傍から見たら
ある意味迷惑でおバカな光景だけど
でもそれって最高ジャンってね・・・。

もうすぐ春ですね。
わたしにも来るといいな、春・・・(涙)


別窓 | ヒトリゴト | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ピアノの森
2006-02-22 Wed 23:51
イチノセカイ11



【少しもカンペキなピアノじゃないのに・・・
 
こんなにも・・・こんなにも・・・愛おしい】



今、唯一買っているコミックです。
今日最新刊を買ってきました。そしてダッシュで帰ってきてさっそく読む・・・。号泣(TT_TT)
数回読み直すもより号泣。初めからずっと好きなんですが今回の話はわたしの気持ちが重なるシーンが多くてさらに泣けたな・・・。

「カイのピアノは
 荒削りで・・・
 大胆で・・・
 それなのに・・・
 せつなく・・・
 わたしを丸ごとつつむ・・・」


”森の端”と言われ世間から白い目でみられる場所で生まれた少年
一ノ瀬海。しかし、そんなことを気にするでもなく元気に暮らしていた。ただ、彼には秘密があった(母とごく身近なものはしっているのだが)。
それは、森のピアノを弾くこと。
誰に習ったのでもなくたたどこかで聞き覚えた曲を弾く。天衣無縫にただただ弾く。まるでピアノ神が彼を選んだかのように。
やがて彼の同級生(世界的ピアニストの息子)や、かつて天才と言われながら事故で自身の手と最愛の女性を失ったピアノ教師の目に止まり彼の才能を世が知ることになる。

それから時は経ち、彼は16歳になっていた。そして彼は・・・。

機会があったらぜひ触れてみてください。
カイのピアノを聴いてみてください。
あなたの心も必ず震えるはずだから・・・。

ああ、カイにわたしも逢いたい!!



別窓 | わたしの好きな本 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
模様替え~♪
2006-02-16 Thu 23:41
昨日部屋の模様替えをしました。
いろいろ整理もしたんですが
中でも一番の大仕事は念願の

カーテン替え!(喜)

レースもカーテンも遮光仕様です。
色はピンク系です。
理由は「ピンクは美人を作る色」だから(^-^;A
色彩学的にそうなんだそうです(聴いた話レベル)。
今更遅いとか、そういう段階の話じゃないだろうとか
そういう余計な意見は無視する方向で(笑)
いいんです!
どうせ自己満足なんですから(キッパリ!)

ともあれ部屋の雰囲気が全然変わりご機嫌です♪
これからもいろいろ変えていく予定です。
当分はこれが楽しみで休みを迎えそうなわたしです。

ちなみに遮光仕様が災いしたのか
朝全く気がつかずアラーム消して寝てしまい
遅刻確実だったのに偶然起こった電車の事故に
便乗してもみ消してしまったのは内緒です(恥)
別窓 | ヒトリゴト | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
「とってもゴースト」
2006-02-08 Wed 22:36
とってもゴースト1



「音楽座」を知っているだろうか?
舞台好きにはおなじみかもしれない。
わたしも大好きである。

好きな作品はいろいろあるが
その中でもわたしにとって一番なのが公演中の

「とってもゴースト」

わたしはこの作品で

自分自身を本当に愛せる人が
人を本当に愛せるのだと知った。

初めて観た当時わたしは心のリハビリ中だった。
自殺未遂をしたのだった。
カラダは治っても心は穴が空いたままだった。
生きようとか、死のうとかどうでもよかった。

そんなときこの舞台に出逢った。
どうやってチケットを手に入れたのかよく思い出せない。
一人で行ったのだけは確かにだったが
当時の状況を考えるとよく行ったなと思う。
おそらくこの世でわたしのもっとも愛することであり
最後のものが舞台だったからかなと今は思う。

ともあれこの舞台でわたしの中に「心」が戻った。
もしかすると生まれ変われたのかもしれない。

死を通して初めて見えるもの感じられるもの
そしてかけがえもなく大切なもの・・・。

音楽座の公式で「とってもゴースト」の
テーマ曲「デザイン」が聴ける。
この曲を聴くと涙が止まらなくなる。
この公演中何回観にいくのだろう。
それを考えると幸せになる。
わたしにとって今最大に関心事であることは確かだ。
観にいくたびに新しいことを感じさせてくれるこの作品が。







別窓 | わたしの好きな映画、演劇 | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
汝の名・・・それは・・・
2006-02-05 Sun 00:52
ののん、ユリです(。・_・。)ノ

駅の改札から出てみると外は雪・・・。
都内は降ってなかったのに
どうりで寒いはずですな。
微妙な風邪が続いています。
なかなか咳が治らんとです。
早くよくな~れ(つ-`)

『人から自分ってどう見えてるんだろう?』

この問いの答えの一つがニックネーム
ではないでしょうか。

わたしの場合ある一つの共通点がありました。

小学校のころ・・・ピー(ひよこ)
中学校のころ・・・ウツロ(学校で飼育していたチャボの名前)
高校のころ・・・デイジーorガー子(アヒル)

そして、今年。
すんごく寒いので厚着して
マフラーぐるぐる巻きでお仕事に
行っていた結果ついたのが・・・。



皇帝ペンギン!


まあ、ペンギンに歩き方が似てるとか
大人になってから割とあったんですが
ついに「皇帝」です!
映画の影響もあると思うんですけど。

それにしても、

ひよこ→チャボ→アヒル(デイジー)→ペンギン

って・・・。

どんな異常な進化するとそうなるんでしょうか(つ-`)

どちらにしてもわたしは
『鳥系』ってことですな。
個人的な理想を言えば
『ネコ系』なんですが
まあこれは一生無理って方向です。

今度生まれ変われるなら
また女性ならばぜひ『ネコ系』希望Σ('□'*





別窓 | ヒトリゴト | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
THE有頂天ホテル
2006-02-01 Wed 19:47
観て来ました。
素直な感想をいうと、
「う~ん・・・」って
感じですかねー。
三谷作品は舞台から映画までけっこう
観てます。
好きなんですけどね・・・。

悪くはない。
でも・・・。
期待が大きかった分少し裏切られたような
気持ちもぬぐえませんでした。

個々の役者さんは素晴らしかったし
よく言われる
『豪華キャストの顔見せ興行』的つくりではない。
個別に見えるそれぞれワケアリの登場人物がどこかで
つながっていって大きな物語のアンサンブルになっていく。
舞台は大晦日でもうすぐ新年来ちゃう豪華ホテル。
三谷群集劇の一つの集大成的作品。
それはわかる、わかるんですけどね・・・。
けっこう笑えるし、良いといえば良いんでしょうけど・・・。
でも、全体がボケてしまっている。
いろいろな伏線を引きすぎているのと
やはり登場人物とその物語を織り込みすぎですね。
「群集劇」の最大の課題というか、難しさというか・・・。
それこそ連続ドラマで作ったほうが良かったと思います。
映画である以上どういう形であれ
観終わった後に何らかのカタルシスが無いのは辛いなー。
おそらく最後の華やかな場面で大盛り上がりするはずが
画面と違って客席は今ひとつ乗り切れない。
主題も今ひとつ伝わってこない。
終った後、何となく客席のみんなの腰が重かったのも
その辺りが原因ではないでしょうか。

ちょっと酷評になってしまいましたが
けっして悪い作品ではありません。
100点か悪くても95点くらいを期待していったら
80点だったって感じです。
十分作品としては及第点だと思います。

ただ、わたしにとってはね・・・。
まあ、あれだけの内容とキャストだから一回ではわからないかも。
本当のおもしろさがわかるのはきっとDVDで何回か観た跡かも
しれません。
ということでまたこの作品はDVDで観たときにでもレヴューを
書きたいと思います。



別窓 | わたしの好きな映画、演劇 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。