スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
亡国のイージス
2005-08-02 Tue 18:42
最初に、
製作に携わったすべての方に感謝します。

福井さんがいろんなとこで言っていたように
「原作の意味」を損なわない作品になっていました。

「亡国のイージス」はアクション映画ではありません。
日本人として生きているすべての人に
大きな問いを投げかけている作品なのです。

答えを出すべきはわたしたち一人一人・・・。


映画ではさすがと感じたのはやはり演じられた方々の
技量の高さでしょうか。
原作をそしてそれぞれの役柄をしっかり消化されていました。
原作をそのまま映像にはできない。
だから、それを映像で、そしてそれ以上にそれぞれの役者の
技量で補っていた印象でした。
それは映画が拙いという意味ではなくて、
それぞれが「運命の日」までの人生を生きてきた
実在の人物であるかのような存在感があったから
当たり前のように足りない部分が補えていたのです。
この作品は一人一人の存在が本当にリアルでないと
意味が無いだけにこれは本当にすごいなという印象です。

ああ、宮津艦長が、菊政が、田所が、如月が
そして仙石さんが確かに生きているんだって思わせてくれました。
渥美を始めとして陸側の面々も本当に存在感がありました。
画面に映っているから、
演技してるからではなくて、
毎日この人たちはそれぞれこういう仕事してるんだろうなという
リアル感が漂っていました。

そして、敵方として登場するヨンファの存在感・・・。
内に秘めた何という悲しみ・・・。

それだけにわたしもいつのまにか
その事件に実際に遭遇してしまったかのような
緊張感を感じていました。

久々にこんなに緊張して映画を見たかも・・・。

もう一度言いますが、重たい映画です。
ハリウッド的エンターテイメント作品ではありません。
アクション見てスッキリっていう作品好きなら
他を当たってください。

でも触れる価値は大いにあると言っておきます。

他のどの国の人間でもなく、日本人だから・・・。

『自衛隊』という他国にはあり得ない
歪な存在を何十年にも渡って持っている国の人間だから。

本当に意味で本土侵略の歴史も無く、
周りを海に囲まれ
他国とは比べ物にならないほど安全に暮らしてきた国の人間だから。

今年で戦後60年。
60年も『平和』(これが本当に平和なの?って思いますが)
な時期を幸運にもすごせた国の人間だから。


今もあちこちで戦争は起こっている。
毎日殺し合いをしている。

日本だけは安全だという保証はどこにも無い。
根拠も無い・・・。


あなたならどうしますか?


『日本人、これが戦争だ・・・』- ヨンファ








スポンサーサイト
別窓 | わたしの好きな映画、演劇 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。