スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
わたしが・棄てた・女
2006-04-12 Wed 22:02
わたしが・棄てた・女




この作品を読もうと思ったきっかけは、大好きな「音楽座」の次回作品の原作になっていたからです。
(追悼 遠藤周作没後10年)と銘打たれた作品の名前は、
『泣かないで』
6月から始まりますので、お近くの方はぜひ観にいってください。


舞台は、戦後間もない東京。
貧しい大学生の吉岡努は、「ゼニコがほしい。オナゴがほしい」と毎日を過ごしているどこにでもいる男。ある日、雑誌の文通欄で知り合った森田ミツとデートをする。ミツは流行の歌や映画に胸をときめかせる田舎から出てきた貧しい工員。大学生とのデートに胸をときめかせるミツ。しかし、吉岡は、ただやるせない気持ちと欲望のはけ口が欲しいだけだった。ミツと一夜を共にした吉岡は、 その後下宿を引き払い、姿をくらませる。そんなことを知らないミツは、吉岡と会う日に着ていくことを夢見て、カーディガンとそして吉岡にプレゼントする靴下を買うために残業に励んでいた。
一方、大学を卒業し、小さな会社に就職した吉岡は、社長の姪である三浦マリ子に思いを寄せるようになる。マリ子と親しくなり幸せにひたる吉岡。そんな時、急に駅で置き去りにしたミツの面影がよぎり戸惑う。同じ頃、大学病院で手首のアザを検査してもらったミツは、医師からハンセン病という宣告を受ける。御殿場にある病院。それは世間からうとまれ、死を待つだけのハンセン病患者たちが集められる病院だった。
「さいなら、吉岡さん」
吉岡への思いを断ち切るように、ミツは林に囲まれた復活病院の門をくぐっていった・・・。


前半の方は、(わたしには重すぎる・・・)と思いながら読んでました。昔の自分の姿が描かれているような錯覚を覚えてしまったのです。時代も違い、境遇も違う。すべてが全く違うのに、「森田ミツ」が経験した吉岡との出来事は、形を変え、時代を超えてわたしにも起こっていたのでした。その後の吉岡へのミツの愚直なまでの思いまでも。
本の言葉を借りれば、(誰だって・・・男なら、することだから。俺だけじゃないさ)と言われてしまうのでしょうけど・・・。
正直、未だに男の心はわからないから、吉岡は許せません。ただ、吉岡という男は、「時代」の平均的な存在としておかれて、その存在があってその後のミツの人生が、存在が、意味が浮かび上がってきます。

読んだものとしての注意点を書いておきます。
少なくとも後半は一人でいるときに読んでください。電車の中とかは厳禁です!主人公の森田ミツと吉岡努は美男美女とはかけ離れた存在だし、舞台も汚い街並みと病院だし、ロマンチックさはカケラもありません。
でも、あなたはきっと号泣しているでしょう。思い出しては繰り返し、繰り返し。
ミツのとても及ばぬ崇高な生涯に。そして、生涯ただの一度もミツを愛することの無かった吉岡でさえ「もし、理想の女というものが現代にあるとは誰も信じないが、ぼくは今あの女を聖女だと思っている・・・・・」と言わしめた神の『おさなごのような』純粋無垢な心に・・・。



スポンサーサイト
別窓 | わたしの好きな本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「ローズダスト」の舞う空に・・・
2006-04-08 Sat 17:19
opローズダスト上





それにしても、「ローズダスト」って言葉は暗示的な言葉ですね。
波の花を初めて見た朋希と三佳と一功。
一功はそれを「埃」と例え、朋希は「薔薇の花」と例える。
三佳は二人の言葉を合わせて、「ローズダスト」という新しい言葉を生み出す。

森羅万象すべてのことには、多面性があるということでしょう。
真実が「一つ」だと思っているのは、とんでもない間違いだと。
真実は一つではない。
というより、おそらく人間程度では、本当の「真実」には簡単にはたどり着けないんだと。
だからこそ、一人ではなく仲間が、考えることが、間違いを認める勇気が、そして、決して諦めない心が必要なんだと。
無限の時間の中では、まさにローズダストのように儚いのが人間ひとりの一生でしょう。
それならば、あとに続く同じく儚い「仲間たち」に対して、
恥ずかしいモノは起こしていきたくはないなーと思います。
できるならば、何か一つでも良い贈り物をあげたいと。
たとえ誰かに感謝されたり、覚えててもらったりすることは無くても。

誰の人生にも大した意味など無いのかもしれない。
でも、次の世代に何かをっていう探求する気持ちがあれば、
人生はきっと意味を持つようになる。
何かを探すための冒険こそがきっと「人生」そのものだから。
わたしも「何か」を見つけ出したい。
冒険の終わりに青空に舞う美しい「ローズダスト」を見たいから。
いつかくる終わりの日、胸を張ってみんなと一緒に、
晴れ渡る大空を舞いたいから・・・。
別窓 | わたしの好きな本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Op.ローズダスト
2006-04-05 Wed 23:17
opローズダスト下


<あらすじ>

二〇〇六年秋、臨海副都心(お台場)、アクトグループの役員を狙った連続テロが起こる。実行犯は入江をリーダーとする「ローズダスト」を名乗る五人グループ。警視庁の並河は防衛庁情報本部の丹原と捜査にあたるうちに、丹原と入江との間の深い因縁を知る。かつて二人は防衛庁の非公開組織に所属し、従事していた作戦が失敗、二人が思いを寄せていた少女が死んだ。丹原を除く生き残った工作員たちはテロリストとなり、アクトグループ役員に天下った元上官に復讐しようとしているのだと・・・。

舞台は現代。混迷極まりない日本。かつては世界一安全な国と言われた国。未だにその”神話”にしがみつく国。しかし、状況は確実に変わっている。
外に目を向ければ、自衛隊のイラク派兵に始まる問題。北朝鮮拉致問題、「竹島」問題をはじめとする韓国との問題。中国の反日感情の高まり。それにアメリカとの問題さえも。
国内でも犯罪は低年齢化・多様化し、いまやどこにいても犯罪の犠牲に明日なるかも知れない実情。
ただ、誰もが自らの身に降りかからなければテレビの中の出来事と捉えているだけ。マスコミが視聴率のためだけに「煽る」作り物だとでもいうように。

「ローズダスト」はそんな現代日本に起こります。誰もが既存の価値観や、言葉にしがみついて生きているこの日本に。それは本の中で書かれている「古い言葉」かもしれません。
この物語は、「古い言葉」の呪縛に抵抗し、「新しい言葉」を手に入れようとする者たちの物語でもあります。「古い言葉」の呪縛を断ち切り、真の希望をもたらす「新しい言葉」は見つかるのでしょうか?

「古い言葉」と「新しい言葉」


それを見つけるために戦わなくていけなかった二人。それにときに反発、また理解しようとしながらささえた仲間たち。
福井さんの「市ヶ谷シリーズ」(勝手に命名)は、本当に毎回痛いです。ここまでしなければ?なぜここまで?って、いつも読みながら思います。
でも、そこまでしてもおそらくはまだ足りないのでしょう。
このどうしようもなく根深い大いなる悪意の前には・・・。
ただ、毎回少しづつだけど希望が見えるからそこが救いかな。
市ヶ谷シリーズと書きましたが、それぞれで見えた本当に小さな、
でも確かな希望が現実と結びついていったとき、確かに変わっていくと信じます。
世界をを変えてしまうような「新しい言葉」が生まれると・・・。


※「市ヶ谷シリーズ」とわたしが言っているは、「川の深さは」、「Twelve Y.O.」、「亡国のイージス 」、「6ステイン」(短編集)、そして、今回の「Opローズダスト」と続く作品。時間軸と設定が続いているので、自然発生的に連続作品としてファンには認識されてます。






<以下はネタバレ含む>※読んでない人は読まないように!ヽ(`Д´)ノ



朋希と一功、そして三佳。
二人の言葉を三佳が結んで、3人で創った新しい言葉「ローズダスト」
この真の意味と最後の空に舞う「ローズダスト」・・・。
今回、舞台が地理的にすごく知っている場所ばかりでもあり、読み終わって感じたことはこれは確かに起きたことだという実感。
別の次元の東京という同じ名を持つ都市で起きたことだという実感でした。
そして、敵味方に別れて戦うものたちは、一度は同じ夢を見たものたちなのです。
年齢層がかなり若いだけに読んでていつもよりツラかったな。
おそらく「ココ」にいなければ、ありふれた日常に泣き、笑いしていたはず。「ココ」にいたために、己の存在をかけて戦わなければならなくなったのだから。
お互いに心の底では解りあっていたはずなのに、だからこそお互いの存在を意識できていたはずなのに。
若いが故に、自分ではどうしようもない運命がわかっていたために起こ
った悲劇。それはとてつもない波紋になってしまう。

みんな不器用過ぎだよ。
でも、すごくよくわかるよ。気持ちが心が。
だから哀しいんだ。だからこんなに切なくなるんだ。

お台場に咲き、舞ったローズダストは、人の未来の希望の花だと信じています。だって、みんなの希望を背負ってこれから生きるであろう男の名前は、『朋希』だから・・・。












別窓 | わたしの好きな本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
待望!熱望!!福井晴敏新刊いよいよ発売!
2006-02-25 Sat 22:57
opローズダスト


きゃ~!!
待ってましたよ、待ってましたとも!
ついに、ああ、ついに

『OP.ローズダスト』

いよいよ発売です(/ω<。)
といっても3月15日ですけど。
でも、東京だともう少し早く出たりするので
今から楽しみ、楽しみ(*´○`*)

週刊文春で連載されていた「OP.ローズダスト」
がついに単行本化!
連載分に原稿用紙800枚の書き下ろしを追加し
満を持しての刊行です!!(`・д・ノ)ノ スゲェェェエエ

どういうストーリーなのかは当然知りません。
確かお台場がすごいことになっちゃうらしい。
著者の言葉によれば、
「今までで最高の・・・」
らしい。
想像するだけで心臓バクバクです(もう病気でつ)
きっとまた『福井ワールド』爆発だろうなー。
ああ、早く読みたい!!

大好きな作家様で作品は全部読んじゃったし
おまけに福井さんの関連本まで全部読んじゃったので
本当に待ってました。

ああ、早く来て3月!!
別窓 | わたしの好きな本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ピアノの森
2006-02-22 Wed 23:51
イチノセカイ11



【少しもカンペキなピアノじゃないのに・・・
 
こんなにも・・・こんなにも・・・愛おしい】



今、唯一買っているコミックです。
今日最新刊を買ってきました。そしてダッシュで帰ってきてさっそく読む・・・。号泣(TT_TT)
数回読み直すもより号泣。初めからずっと好きなんですが今回の話はわたしの気持ちが重なるシーンが多くてさらに泣けたな・・・。

「カイのピアノは
 荒削りで・・・
 大胆で・・・
 それなのに・・・
 せつなく・・・
 わたしを丸ごとつつむ・・・」


”森の端”と言われ世間から白い目でみられる場所で生まれた少年
一ノ瀬海。しかし、そんなことを気にするでもなく元気に暮らしていた。ただ、彼には秘密があった(母とごく身近なものはしっているのだが)。
それは、森のピアノを弾くこと。
誰に習ったのでもなくたたどこかで聞き覚えた曲を弾く。天衣無縫にただただ弾く。まるでピアノ神が彼を選んだかのように。
やがて彼の同級生(世界的ピアニストの息子)や、かつて天才と言われながら事故で自身の手と最愛の女性を失ったピアノ教師の目に止まり彼の才能を世が知ることになる。

それから時は経ち、彼は16歳になっていた。そして彼は・・・。

機会があったらぜひ触れてみてください。
カイのピアノを聴いてみてください。
あなたの心も必ず震えるはずだから・・・。

ああ、カイにわたしも逢いたい!!



別窓 | わたしの好きな本 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
オーデュボンの祈り
2006-01-03 Tue 12:22
作者:伊坂幸太郎
発行所:新潮文庫

久々にハマれる作者発見!!
こういうときってホントうれしい。
「オーデュボンの祈り」
は彼のデビュー作である。
こんな作品には出遭ったことはなかった。
他の作品を読むのが楽しみな作家である。


一言でいうと
とっても不思議な作品。
生まれて初めて食べた食べ物のよう。
生まれて初めて聴いた音楽のよう。
生まれて初めて観た絵画のよう。

今まで経験していなかったから
どう表現するのが良いのか
今のわたしにはよくわからない。
でもとっても気持ちが良い作品。
うれしいような。
懐かしいような。

手に汗握るというような
山場があるわけでは無いのに
気がつくとどっぷりと世界にハマっている。
どこに着地するのかわからない不安感。
意味があるのかないのかわからなくなる会話。

荻島というナゾの孤島。
島に住むどこかヘンで不思議な人(?)たち。
主人公”伊藤”の出遭う不思議な出来事。

その旅の果てにあなたは何を見つけるだろうか?










別窓 | わたしの好きな本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ダ・ヴィンチ・コード
2005-02-16 Wed 16:48
20050216164901.jpg




【あらすじ】

高名なハーヴァード大学の象徴学者が警察によってルーヴル美術

館へ呼び出され、ダ・ヴィンチの作品にまつわる暗号めいた象徴

を調べるよう依頼されます。

そこは殺人現場。

その学者はそこに残された奇妙な暗号を解読し、史上最大の謎の

ひとつを解き明かす手がかりを発見するのですが・・・

追われる身になります。



ベストセラーなのに

まだ読んでなかったの?

って感じですね。

正直何の興味も無く

「おもしろから読んでみ!」

と言われたので借りて読んでみた

という感じだったんですね。

でも読んだら一気にハマった!!



【小説に登場する絵画や史料や組織はすべて実在し,絵画や建物の

写真は、美術書で見られます。】


この辺りも非常に良いです。

ノンフィクションは苦手ですが、

こういうふうに事実を織り交ぜながら


っていうところがまたツボでした。


世界で一番といっていいほど

有名な出来事\r

有名な人物に関する見方が

180℃変わるかも。


影で演出しているかのような

ダ・ヴィンチの絵画。

<モナ・リザ>

<岩窟の聖母>

<ウィトルウィウス的人体図>

そして

<最後の晩餐>――。


謎が謎を呼び、そして謎を導く・・・。


一気に読んでしまいました。

上下巻二日でした。


こういうミステリーは

一気読みできるかどうかで

秀作かどうかわたしの中では決まります。

そういう意味では

海外モノとしては特に

秀作中の秀作でしたねー。


ホントドキドキものでした

すごく良かった。

この作者の作品はきっと

他のも読むことになりそうです。


来年には映画になるそうです。

トム・ハンクス(ロバート・ラングドン教授役)

オドレイ・トトゥ(ソフィー・ヌブー役)

ジャン・レノ(ベス・ファーシュ刑事役)

監督はロン・ハワード

アポロ13、ビューティフル・マインド

とか撮ってますね。

原作からみてかなり期待できそうです。

上質のミステリーですから

アクション映画にだけは

して欲しくないですけどね・・・。



詳しく書けないのが歯がゆいですが

昔から言われているところの

『歴史は勝利者によって創られる』

『今知る歴史は勝利者側のもの』


という歴然たる事実を

改めて提示しています。

読んでいないかた

すごくお勧めです!!

目からウロコですよー。


当分この関係のものは

目に付いたらつい

読んじゃいそう・・・。







別窓 | わたしの好きな本 | コメント:11 | トラックバック:7 | top↑
| 十六夜の月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。